« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015/10/18

サントリー社、2015年秋冬の自販機販売用 『伊右衛門 <焙じ茶>』 のキャップは 「HOT&COLD」 仕様

サントリー社は、2015年秋冬、280mL入りハンディサイズの 『伊右衛門 <焙じ茶>』 を自販機にて販売している。定価1本130円也。残念ながら、10月18日現在、プレスリリース [注1] にも、ブランドサイトの商品紹介ページ [注2] にも、その詳細が掲載されていないため、実体が把握し難いが、昨日、東京メトロのプラットフォーム設置の自販機にて偶然入手した。

パッケージラベルのデザインは、「ベタ丸に茶の字」 アイコンへの変更後初となる345mL入り 『ホット 伊右衛門 <焙じ茶>』 と基調色は同じである。だたし、この製品は、ホット/コールド販売兼用製品のため、「あったかい」 の表示がなく、「香ばしい」 になっていたり、アイコンがオレンジベタではなく、金色ベタに地色抜き文字であったりと、若干様子が異なる。

そして決定的な違いが、キャップの図柄にある。

粗ギザ白地キャップにオレンジ色の刷り色で、「HOT&COLD」 図柄である。そしてキャップ辺縁部上半分のオレンジベタ部分に 「この製品は加温器販売が出来ます。」 の販売店向け注意喚起メッセージが白抜き文字で入る。当然、「HOT&COLD」 図柄なので、上半分と下半分がオレンジと白地の対比となっている。そして、その境界線が波型なのが今回のキャップの最大の特徴である。もしこれが直線であれば、従来の 「HOT&COLD」 キャップと変わり映えのしない凡庸なキャップであったことであろう。しゃぶしゃぶ用二分仕切鍋のような陰陽 (T&C) パターンが、今回のデザインの肝である。これがなければ、『上島珈琲店』 の 「HOT&COLD」 キャップの二番煎じになっているところであった。

では何故サントリーまでもが、このような 「HOT&COLD」 キャップの導入に迫られたのかという謎が残る。恐らく 『伊右衛門 <焙じ茶>』 の販売量が、<緑茶>、<特茶>、<玄米茶> に較べて、少ないことがその理由の一つであろう。

ところで、この製品はホット販売も兼用していることから、オレンジキャップと全く同一のボトルとキャップの仕様となっている。すなわち、アスペティク充填、特殊口栓部規格、深底絞りである [注3]。


▼ 『ホット 伊右衛門 <焙じ茶>』
  2016.04.13/AJ
  六角形PETボトル(深底絞り)
  日本クロージャー社製 <粗ギザ>
  28NCフラップアセプ-MA (圧縮成形)
  キャップ裏: 無地 [A31-]
  口栓部規格: 特殊口栓部 [過渡期タイプ]


先日発売された500mL入りホット飲料のキャップに 「←」 が追加されたことの理由が微かに見え隠れしているが、未だ確証には至れない [注3]。

本邦における 「HOT&COLD」 キャップの歴史は2005年、(株) 三愛が販売した 『深い味わい 濃い茶』 をその嚆矢として見ることが出来る。奇しくも、このキャップの図柄は今回の 『伊右衛門 <焙じ茶>』 のキャップ図柄を彷彿とさせる燈と緑の陰陽パターンである。2001年9月の加温器キャップの業界統一オレンジキャップ化からわずか4年後の出来事であった。

これらの 「HOT&COLD」 キャップには幾つかの共通点が潜んでる。発売日が特定出来ない程に、流通量、販売エリア、販売店などが限定的であること。また、通年販売商品 (緑茶、烏龍茶、レモンティー、焙じ茶、ミルク珈琲、麦茶) にもかかわらず、寒い時期にはホットでも飲みたくなるような商品としての特性を備えていること。更には、自販機販売がメインなことも共通点として挙げられる。こうして見ると、極めて <時> と <場合> に左右されるオケージョナルな製品と言える。


表.「HOT&COLD」 キャップの歴史

▼ 2005年頃*
  (株)三愛
  『深い味わい 濃い茶』(275mL)
  <備考> 刷り色(燈/緑)

▼ 2007/04頃*
  東芝ビジネス&ライフサービス(株)
  『TBLS お茶』(350mL)

▼ 2007/05頃*
  キンキサイン(株)
  『お茶』(280mL)
  『烏龍茶』(280mL)

▼ 2009/02頃*
   神戸ビバレッジ(株)
   『レモンティー』(280mL)

▼ 2012/01頃*
   中日本エクシス(株)
   『緑茶日和 <ほうじ茶>』(275mL)
   <備考> 28NCフラップホット-V
    高速道路SA限定販売商品

▼ 2012/02頃*
   コカ・コーラカスタマーマーケティング(株)
   『綾鷹』(280mL)
   <備考> 粗ギザ、自販機、九州限定限定

▼ 2013/02頃*
   (株)サーフビバレッジ
   『Kuro no Kiseki (黒の奇跡)』(350mL)
   <備考> 28NCフラップホット-V

▼ 2014/01頃*
   (株)プレナス
   『緑茶』(350mL)
   <備考> 28NCフラップホット-V
    ほっともっと限定販売商品

▼ 2014/03頃*
   (株)新井園本店
   『さやま茶』(350mL)
   <備考> 28NCフラップホット-V

▼ 2014/10頃*
   コカ・コーラカスタマーマーケティング(株)
   『綾鷹』(280m)
   <備考> ノーマルギザ、自販機、
    北海道限定販売

▼ 2014/10/27 (月)
   UCC上島珈琲(株)
   『上島珈琲店<ミルク珈琲>』(270mL)
   <備考> 28NCフラップアセプ-MA
    秋冬限定販売品

▼ 2015/09/15(火)
   (株)JR東日本ウォータービジネス
   『北陸麦茶めぐり』(280mL)
   <備考> CSI/PS-Lok-II

▼ 2015/10頃*
   サントリーフーズ(株)
   『伊右衛門<焙じ茶>』(280mL)
   <備考> 28NCフラップアセプ-MA
    自販機専用

(注)* = 正確な発売日が特定出来ないため、ネット上で最初に紹介された年月を示す。基礎資料として 『KUMAの日記風ボトルキャップ通信』 等を参照させて頂いた。


温冷兼用販売可能な 「HOT&COLD」 キャップは、オレンジキャップに分類されることもなく、通常の白地キャップの中に埋没する運命にある。そこに人生の悲哀を重ね合わせてしまうのは、私が狡猾な割に凡庸な人間だからであろうか。頑張れ 「HOT&COLD」 キャップ! 頑張れ、俺!

■ 商品表示データ ■
『伊右衛門 <焙じ茶>』 (6角形深底絞りPETボトル)
<品名> ほうじ茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> [ラベルに記載なし]
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-27896-7

■ 参照キャップデータ ■
『伊右衛門 <焙じ茶>』 (6角形深底絞りPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2016.04.13/AJ」*。賞味期限は180日 [約6ヵ月] (未開封)。キャップは、日本クロージャー社製 「28NCフラップアセプ-MA」 ワンピースキャップ (モールド/キャビティー#:A31/27。ボトルは自社成形 (ロット番号:AJ/1-07)。プリフォーム [透明/特殊口栓部規格] (ロット番号:D65-91)。製造ロット番号:IR056592

* AJ = サントリービバレッジプロダクツ株式会社 神奈川綾瀬工場 (252-1108 神奈川県綾瀬市深谷上8-27-1)

注1) 「サントリー緑茶 『ホット伊右衛門 玄米茶』 『サントリー ホット黒烏龍茶 (特定保健用食品)』 など ホット用清涼飲料6品目 発売」 サントリー食品インターナショナル ニュースリリース No.SBF0352 (2015/09/08)
注2) 「伊右衛門」 (ブランドサイト) [アクセス日:2015年10月18日]
注3) 「サントリー社、2015年秋冬の加温器キャップは、開栓方向指示矢印入り」 ペットボトルキャップ時評 (2015/10/08)

2015/10/08

サントリー社、2015年秋冬の加温器キャップは、開栓方向指示矢印入り

サントリー社は、2015年10月6日 (火) より、500mL入りボトルのホット飲料3種類を全国のコンビニ・交通売店にて限定販売する [注1-5]。発売日翌日夕方、ファミリーマート店頭にて確認。500mL入り1本税込、『ホット 伊右衛門 <特茶>』 が183円、『ホット 伊右衛門』 及び 『リプトン 白の贅沢 あったかいミルクティー』 が148円のところ特価129円であった。

今回のホット 飲料の大容量ボトル化に伴い、キャップの図柄の一部分が変更された。

粗ギザオレンジキャップ地にホワイトオペークインキで、キャップ辺縁部周囲をぐるりと一巡する 「オレンジキャップは加温器販売ができる製品の目印です。」 の販売店向け注意喚起メッセージ、そして中央横位置で入る 「SUNTORY」 のコーポレートロゴは、従来のままである。そこに今回、メッセージ内側上方直下に開栓方向指示の矢印だけが 「あける」 の用語無しで、ポツンと追加された。そして、この矢印の追加に伴い、メッセージ開始位置が、12時丁度の位置から1文字分後方にずらされた (これはレイアウト上の微調整である)。

さて、今回の新図柄出現の意味であるが、皆目見当も付かない。何故ならば、前回2013年秋冬に、オレンジキャップの白色印刷バージョンが登場した際の意味は、アスペティック充填への移行とそれに伴うボトル口栓部規格の変更によるものであった。ところが、今回も、アスペティク充填、特殊口栓部規格と前回とキャップ関連のスペックに変更が認められないからである。単なる気まぐれではない様に思える。恐らく、何かの暗号が秘められている筈である。どなたか、この難問を解くカギを与えては呉れまいか。

<ホット飲料従来品キャップ> (矢印無し)

▼ 『ホット 伊右衛門』
  2016.03.25/SL
  345mL 六角形PETボトル
  日本クロージャー社製 <粗ギザ>
  28NCフラップアセプ-MA (圧縮成形)
  キャップ裏: 無地 [A34-]
  口栓部規格: 特殊口栓部 [過渡期タイプ]

<大容量ホット飲料キャップ> (矢印付き)

▼ 『ホット 伊右衛門 <特茶>』
  2016.04.15/JJ
  「たっぷり500mL」 ボトル
  日本クロージャー社製 <粗ギザ>
  28NCフラップアセプ-MA (圧縮成形)
  キャップ裏: 無地 [A31-]
  口栓部規格: 特殊口栓部 [過渡期タイプ]

▼ 『ホット 伊右衛門』
  2016.04.16/K
  「たっぷり500mL」 ボトル
  日本クロージャー社製 <粗ギザ>
  28NCフラップアセプ-MA (圧縮成形)
  キャップ裏: 無地 [A31-]
  口栓部規格: 特殊口栓部 [過渡期タイプ]

▼ 『リプトン 白の贅沢 あったかいミルクティー』
  2016.06.15/JJ
  「たっぷり500mL」 ボトル
  日本クロージャー社製 <粗ギザ>
  28NCフラップアセプ-MA (圧縮成形)
  キャップ裏: 無地 [A31-]
  口栓部規格: 特殊口栓部 [過渡期タイプ]

今回の大容量ボトルの導入であるが、ハッキリ言って大失敗だと思う。

通常のホット飲料の345mLボトルに較べ、容量で約1.45倍もあり、確かにお得感はあるものの、温かい間に飲み切れない程の量はかえって有難迷惑である。また、ボトルの高さは175mmと、一般的な500mLボトルの207mmと比較して、約15%ほど低くなっているが、その分、ボトル周囲がずんぐりむっくりと太くなり過ぎて、片手では握れないほどご立派である。過ぎたるは及ばざるが如し。中でも、ホット飲料なのに途中で冷えてしまうという事実は致命的である。

■ 商品表示データ ■
(a) 『ホット 伊右衛門 <特茶>』 (6角形 「たっぷり500mL」 オリジナルPETボトル)
<品名> 清涼飲料水
<原材料名> 緑茶 (国産)、酵素処理イソクエルシトリン、ビタミンC
<栄養成分> (500mLあたり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:20mg | ●天然緑茶カテキン:230mg ●カフェイン:90mg
<関与成分> ●ケルセチン配糖体 (イソクエルシトリンとして):110mg
<販売者> サントリー食品インターナショナル (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-26617-9

(b) 『ホット 伊右衛門』 (6角形 「たっぷり500mL」 オリジナルPETボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (国産)
<栄養成分> ラベル表示なし
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-27890-5

(c) 『リプトン 白の贅沢 あったかいミルクティー』  (6角形 「たっぷり500mL」 オリジナルPETボトル)
<品名> 紅茶飲料
<原材料名> 砂糖、加糖れん乳、全粉乳、紅茶、クリーム、デキストリン、食塩、乳化剤、香料、ビタミンC、セルロース、甘味料 (アセスルファムK、スクラロース)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:32kcal ●たんぱく質:0.1~0.8g ●脂質:0.3~1.0g ●炭水化物:6.0g ●ナトリウム:25mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-27940-7

■ 参照キャップデータ ■
(a) 『ホット 伊右衛門 <特茶>』 (6角形 「たっぷり500mL」 オリジナルPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2016.04.15/JJ」*。賞味期限は180日 [約6ヵ月] (未開封)。キャップは、日本クロージャー社製 「28NCフラップアセプ-MA」 ワンピースキャップ (モールド/キャビティー#:A31/18。ボトルは自社成形 (ロット番号:JJ/30)。プリフォーム [透明/特殊口栓部規格] (ロット番号:D62-45)。製造ロット番号:n/a

(b) 『ホット 伊右衛門』 (6角形 「たっぷり500mL」 オリジナルPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2016.0416/K」**。賞味期限は180日 [約6ヵ月] (未開封)。キャップは、日本クロージャー社製 「28NCフラップアセプ-MA」 ワンピースキャップ (モールド/キャビティー#:A34/43。ボトルは自社成形 (ロット番号:K/06)。プリフォーム [透明/特殊口栓部規格] (ロット番号:D62-63)。製造ロット番号:T0528

(c) 『リプトン 白の贅沢 あったかいミルクティー』  (6角形 「たっぷり500mL」 オリジナルPETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2016.06.15/JJ」*。賞味期限は240日 [約8ヵ月] (未開封)。キャップは、日本クロージャー社製 「28NCフラップアセプ-MA」 ワンピースキャップ (モールド/キャビティー#:A31/53。ボトルは自社成形 (ロット番号:JJ/33)。プリフォーム [透明/特殊口栓部規格] (ロット番号:D65-118)。製造ロット番号:11:07'

* K = サントリープロダクツ株式会社 木曽川工場 (484-0955 愛知県犬山市字角池30-4)
** JJ = 株式会社日本キャンパック 利根川工場 (371-0202 群馬県前橋市粕川町室沢1171)

注1) 「サントリー緑茶 『ホット伊右衛門 特茶(特定保健用食品)』 発売 ―全国のコンビニエンスストア・交通売店にて発売―」 サントリー食品インターナショナル ニュースリリース No.SBF0352 (2015/09/08)
注2) 「冬のサントリー緑茶 『ホット伊右衛門』 発売 ―“おいしさが、四季で変わる” 「伊右衛門」 から ふわっと香る、あたたかい 「冬の伊右衛門」―」 サントリー食品インターナショナル ニュースリリース No.SBF0353 (2015/09/08)
注3) 「『リプトン あったかい白の贅沢』 発売 ―紅茶とミルクの贅沢な味わいをたっぷり楽しめる 500mlのあたたかいミルクティー―」 サントリー食品インターナショナル ニュースリリース No.SBF0355 (2015/09/08)
注4) 「サントリー緑茶 『伊右衛門』」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2015年10月8日]
注5) 「リプトン」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2015年10月8日]

2015/10/05

『ペプシゴースト』 のハロウィン限定金色 「胃もたれ」 キャップ

本邦においてここ数年来、10月31日を万聖節 (諸聖人の日) 前夜のお祭り騒ぎの変えたのは、間違いなく東京ディズニーランドの功績である。そして、お菓子メーカーや飲料メーカーがこれに追従した。その結果、外国人も驚愕の日本型ハロウィンが仕上がった次第である。我々は、今年もパイド・パイパーに踊らされながら、また何処かへ連れていかれる。去年は確か渋谷スクランブル交差点であった。そして、新安保法が成立した今、戦場に連れて行かれる日も近い。大人向けの時事ネタをひとつかましたところで、本題である。

サントリーフーズ社は、2015年10月6日 (火)、『PEPSI GHOST (ペプシ ゴースト)』 (490mL PET) をハロウィンの時期限定で全国新発売する [注1-2]。発売日前日朝方、イオン食品売場店頭にて確認。490mL入り1本税込小売希望価格151円のところ特価86円 (43%オフ) であった。

今回のペプシは、毎年気まぐれに登場するケレン味たっぷりの 「季節限定ペプシ」 である。今年はハロウィンだけに、ミステリーフレーバー。これだけでは何味かさっぱり分からないが、我が愛すべき 『ドクターペッパー』 を水で薄めたような味である。とても飲みやすい。

ペプシコーラの 「色物」 の歴史をウィキペディア先生に訊いてみた。ほとんど忘れていたが、とても興味深い。

表1.ペプシコーラ季節限定商品一覧

▼ 発売日不明 [350mLアルミ缶]
 『ペプシ MX』 (1994年)
  ダイエット甘味料のコーラ味
▼ 発売日不明 [250mLアルミ缶]
 『ペプシ ラズベリーコーラ』 (1995年)
  ラズベリー味
▼ 発売日不明 [250mLアルミ缶]
 『ペプシ トロピカルコーラ』 (1995年夏)
  パイナップル味
▼ 2006/07/25 (火) [ボンベ型スチール缶]
 『ペプシ カーニバル』 (2006年夏)
  トロピカルフルーツ味
▼ 2006/11/07 (火)
 『ペプシ ゴールド』 (2006年冬)
  ジンジャー味
▼ 2004/06/22 (火)
 『ペプシ ブルー』 (2004年夏)
  コーラ味
▼ 2005/06/07 (火)
 『ペプシ X (エックス)』 (2005年夏)
  ガラナ味
▼ 2006/06/06 (火)
 『ペプシ レッド』 (2006年夏)
  スパイス味
▼ 2007/06/12 (火)
 『ペプシ アイスキューカンバー』 (2007年夏)
  キュウリ味
▼ 2008/06/10 (火)
 『ペプシ ブルーハワイ』 (2008年夏)
  パイナップル&レモン味
▼ 2008/10/21 (火)
 『ペプシ ホワイト』 (2008年秋)
  ヨーグルト味
▼ 2009/06/23 (火)
 『ペプシ しそ』 (2009年夏)
  しそ味
▼ 2009/10/20 (火)
 『ペプシ あずき』 (2009年秋)
  あずき味
▼ 2010/05/25 (火)
 『ペプシ バオバブ』 (2010年夏)
  バオバブ味
▼ 2011/10/21 (火)
 『ペプシ モンブラン』 (2010年秋)
  マロンケーキ味
▼ 2011/07/26 (火)
 『ペプシ カリビアンゴールド』 (2011年夏)
  ホワイトサポテ味
▼ 2011/11/08 (火)
 『ペプシ ピンク』 (2011年秋)
  いちごミルク味
▼ 2012/07/24 (火)
 『ペプシ ソルティーウォーターメロン』 (2012年夏)
  塩スイカ味
▼ 2012/12/11 (火)
 『ペプシ ホワイト (新)』 (2012年冬)
  みかん味
▼ 2014/12/09 (火)
 『ペプシ ピンクコーラ』 (2014年冬)
  いちごミルクコーラ味
▼ 2015/10/06 (火)
 『ペプシ ゴースト』 (2015年冬)
  ミステリー味

さて、キャップの図柄であるが、金色シェルのキャップ地に、お馴染みのペプシコーラ 「胃もたれ」 ロゴが、黒と黒で刷られている。すなわち、本来、赤と青であるべき部分が全て黒一色となっている。NIKEのブーメランロゴを彷彿とさせる仕上がりである。金色シェル使用の意味が不明であるが、「ゴースト」 と 「ゴールド」 のダジャレでないことだけは、いくら私にでも分かる。

表2.ペプシコーラ <胃もたれキャップ> 一覧

▼ 2011/03/01 (火)
  『PEPSI
   (ペプシコーラ)』
   シェル: 白
   刷り色: 赤+青

▼ 2014/03/04 (火)
  『PEPSI NEX ZERO
   (ペプシネックス ゼロ)』
   シェル: 青
   刷り色: 赤+白

▼ 2015/08/25 (火)
  『PEPSI STRONG ENERGY
   (ペプシストロング エナジー)』
   シェル: 赤
   刷り色: 白+青

▼ 2015/10/06 (火)
  『PEPSI GHOST
   (ペプシス ゴースト)』
   シェル: 金
   刷り色: 黒+黒

本邦では古来、冬至にカボチャを煮て食べる風習がある。秋の収穫に感謝し、無病息災を祈念する意味があるらしい。ハロウィンでよく見掛けるジャック・オ・ランタンにも、収穫に感謝する意味合いが含まれると聞く。でも、この <おもちゃかぼちゃ> はあくまでも観賞用なので、実際には食べ (られ) ないらしい。見るからに美味しそうなのに、実に勿体ないことである。

■ 商品表示データ ■
『PEPSI GHOST <ペプシ ゴースト>』 (490mL丸型ペタロイド脚耐圧 [ハイブリッドボトル] PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 果糖ぶどう糖液糖、カラメル色素、香料、酸味料、保存料 (安息香酸Na)、カフェイン
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:48kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:12.0g ●ナトリウム:3mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<JAN> 49-01777-28026-7
■ 参照キャップデータ ■

『PEPSI GHOST <ペプシ ゴースト>』 (490mL丸型ペタロイド脚耐圧 [ハイブリッドボトル] PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号:「2016.03.12/WB」*。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、CSI社製 「GA-Lok」 ワンピースキャップ (モールド#/キャビティ#:G6 29)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:5/H126)。プリフォーム [透明/PCO-1810] (ロット番号:H1126)。製品ロット番号:012DS

* WB = ジャパンフーズ株式会社 本社工場 (297-0235 千葉県長生郡長柄町皿木203番地1)

注1) 「『ペプシゴースト』 季節限定発売 ―ハロウィンなどのイベントやパーティー気分を盛り上げる “ミステリーフレーバー” のペプシコーラ新登場―」 サントリー食品インターナショナル ニュースリリース No.SBF0346 (2015/08/25)
注2) 「PEPSI」 (ブランドサイト) [アクセス日:2015年10月5日]

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ