« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/28

黒色シェルの 『ブラッドオランジーナ』

サントリーフーズ社は、果汁入り微炭酸飲料 『オランジーナ』 のラインナップにシチリア産 <ブラッドオレンジ> をブレンドした 『ブラッドオランジーナ BLOOD ORANGINA』 (420mL) を加え、2016年3月29日 (火) より、全国新発売する [注1]。発売日前日の3月28日 (月) 夕方、京急ストア店頭にて確認、420mL入り1本税込み172円のところ約40%オフの105円であった。

今回も発売に先駆けて、『オランジーナ』『レモンジーナ』 の購入者12,000名様を対象として、『オランジーナ』『レモンジーナ』『ブラッドオランジーナ』 の3点からなる 「飲み比べセット」 が当たるキャンペーン (1月25日~) が実施されていた。それ故に、既にキャップの図柄は色々なサイトで確認出来たため、新鮮な驚きはない。

私も、1週間ほど前に、ふと立ち寄ったバーで現物を見る機会に恵まれた。甘みが鮮明なので、ジンやウォッカベースのカクテルとして飲むことが出来る。

キャップの図柄であるが、黒色シェルに、ホワイトオペークインキで 「BLOOD ORANGINA」 のロゴが入り、ロゴの下に小さく 「ブラッドオランジーナ」 の文字がルビのように添えられている。開栓方向指示矢印はない。これまでの 「ORANGINA」 キャップのフォーマットを踏襲している。商品イメージをわかりやすく伝えることが出来るので便利な手法である。

▼ 2012年03月27日 (火)
 『オランジーナ』
  青色シェル+ホワイトオペークインキ
  「ORANGINA」 ロゴ

▼ 2015年03月31日 (火)
 『レモンジーナ』
  緑色シェル+ホワイトオペークインキ
  「LEMONGINA」 ロゴ

▼ 2015年11月27日 (金)
 『オランジーナ <カシス&オレンジ>』
  赤色シェル+ホワイトオペークインキ
  「ORANGINA」 ロゴ

▼ 2016年03月29日 (火)
 『ブラッドオランジーナ』
  黒色シェル+ホワイトオペークインキ
  「BLOOD ORANGINA」 ロゴ

血のように赤い果肉なので 「ブラッドオレンジ」。にも拘わらず、キャップが黒色とは、どうしたことであろうか。前回、『オランジーナ <カシス&オレンジ>』 に赤色キャップを使用したことが今更ながらに悔やまれる。

■ 商品表示データ ■
『ブラッドオランジーナ』 (ペタロイド脚付きオリジナルシェイプ瓢形420mL耐圧ペットボトル)
<品名> 12%混合果汁入り飲料 (炭酸ガス入り)
<原材料名> 糖類 (果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、果実 (オレンジ、ブラッドオレンジ、グレープフルーツ、レモン)、オレンジピールエキス、炭酸、酸味料、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤 (ビタミンC)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:52kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:12.9g ●ナトリウム:12mg
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋3-1-1)
<短縮JAN> 4519-1718

■ 参照キャップデータ ■
(ペタロイド脚付きオリジナルシェイプ瓢形420mL耐圧ペットボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2016.08.07/JP」。賞味期限は180日 (約6カ月)(未開栓)。キャップは、CSIジャパン社製 「GA-Lok」 (ロット番号 (モールド#/キャビティ#):G5/44)。ボトル (ロット番号:JP/05)。プリフォーム [白(結晶化)/PCO1810](ロット番号:D67-51)。08:34

注1) 「『ブラッドオランジーナ』 新発売 ―厳選されたシチリア産ブラッドオレンジを使用。濃厚でプレミアムな 『オランジーナ』 新フレーバー」 サントリー ニュースリリース# No.SBF0383 (2016/01/20)

2016/03/21

『キリン 生茶』、深緑シェルの 「SINCE 2000」 図柄でリニューアル!

キリンビバレッジ社は、2016年3月22日 (火)、『キリン生茶』 をリニューアルし、全国新発売する [注1-2]。発売日前々日の夕方、イオン店頭にて確認、500mL入り1本税込み151円のところ特価91円 (40%オフ) であった。

PETボトルに限定した容量・容器に関するラインナップは全5種類 (280mL、500mL、500mL [自販機用]、555mL、2L) である。これは、例年通りの品揃えである。

従って、今回のリニューアルの目的もまた、例年通りのブランドイメージの梃入れである  [注3-5]。

それに伴い、パッケージとキャップと味が一新された。

先ず、キャップの変化が著しい。従来のライトグリーンのキャップ地が何とディープグリーン (深緑色) に変わり、パッケージもマット使用のシュリンクラベルをボトル全体に被せることで、内容物の色を覆い隠している。このことで、従来の 『生茶』 のイメージを払拭することに成功している。

また、味覚についても、前回 (2015年4月7日) のリニューアル時には、水っぽく、ライトな味わいであったが、今回 (2016年3月22日) のリニューアルでは、「かぶせ茶」 の茶葉を <まるごと微粉砕した> 粉末茶が添加された [注1] ことで、味に深みと奥行きが加わった。

何よりもキャップ形状が 「SKナール」 から一般的な 「粗ギザ」 になったことが驚きである。「SKナール」 といえば、当初キリンが開発し、その後他社がユニバーサルデザインの優越性の観点から導入して来たものである [注5]。自社製品での 「SKナール」 不使用の意味はかなり大きい。そこまでしても、新たなイメージを獲得する必要に迫られていたものと考えられる。

なお、プレスリリースにおいて、パッケージを 「ガラスの瓶をイメージしたペットボトル」 としたことで、「上質でスタイリッシュなデザインに生まれ変わった」 と結論付けているが、自画自賛するほどスタイリッシュとは思えない。依然として <野暮> の域を出ていない。キリンのデザインワークにおける限界性を感じる。これは、製品コンセプトと実際のボトル形状の間に乖離があることに起因する。例えば、シュリンクラベルで被覆した筈の6面耐圧パネル構造がガラス瓶のイメージを損なっている。敢えて、ガラス瓶のイメージに拘泥する必要があったのか、はなはだ疑問である。また、落款風の 「緑茶」 のみを赤色で印刷することにどれだけの意味があるのだろうか。

さて、キャップの図柄であるが、先ず、粗ギザ深緑色キャップ地にホワイトオペークインキの配色。そこに、縦書き手書き楷書体の 「生茶」 ロゴ、更に横書き8ポイントのCentury書体で 「SINCE」 と 「2000」 が左右に振り分けられる。これにはモダンなセンスが感じられる。パッケージも同様な図柄にすれば良いのに、と思う。

ただ、わずが17年ほどの歴史で、「SINCE」 を騙るのは、時期尚早である。サントリー 『伊右衛門』 (福寿園、操業寛政二年)、日本コカ・コーラ社 『綾鷹』 (上林春松本店、操業永禄年間)、『Schweppes』(Since 1783)、『Welch's』(Since 1869)、『Coca-Cola』(Since 1886)、『PEPSI-Cola』(Since 1898)、『Orangina』(Since 1936)、『Bireley's』(Since 1938)、『Tropicana』(Since 1947)、伊藤園 『お~いお茶』 発売30年 (以上、歴史の古い順)。

それはさておき、新規キャップの出現はうれしい。

■ 商品表示データ ■
『キリン 生茶』 (525mLオリジナルシェイプ [ビール瓶シェイプ耐圧パネル付き] PETボトル)
<名称> 清涼飲料水
<原材料名> 緑茶 (国産)、生茶葉抽出物 (国産)、ビタミンC
<栄養成分> (製品100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●食塩相当量:0.020g
<販売者> キリンビバレッジ株式会社 (東京都千代田区神田和泉町1番地)
<JAN> 49-09411-06924-7

■ 参照キャップデータ ■
『キリン 生茶』 (525mLオリジナルシェイプ [ビール瓶シェイプ耐圧パネル付き] PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2016.12. 2/T」。賞味期限は8カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップアセプ-E」 ワンピースキャップ (粗ギザ) (ロット番号:A49-69)。ボトルは自社内製 (KBC) 形成 (ロット番号:T/6)。プリフォーム [透明/過渡期口栓部規格] (ロット番号:5141)。

* T = 株式会社日本キャンパック 利根川工場 (370-0712 群馬県邑楽郡明和町矢島900-1)

注1) 「“新しい緑茶カルチャーを創り出す新 『生茶』 誕生!!” 「キリン 生茶」 3月22日 (火) リニューアル発売」 キリンビバレッジ ニュースリリース (2016/01/21)
注2) キリンビバレッジ株式会社 「生茶」 (ブランドサイト) [アクセス日: 2016年3月21日]
注3) 「『キリン 生茶』 「一芯二葉」 図柄でリニューアル!」 ペットボトルキャップ時評 (2015/04/07)
注4) 「『キリン生茶』 「生茶葉と雫」 図柄でリニューアル!」 ペットボトルキャップ時評 (2014/03/11)
注5) 「『生茶』 緑色ベタ丸図柄のSKナール」 ペットボトルキャップ時評 (2013/03/19)

2016/03/15

サントリーBOSSブランドから、『Latte mix』 「4倍濃縮」 キャップ、オレンジとイエローグリーンの2種類で新登場!

サントリーフーズ社は、2016年3月15日 (火)、牛乳で割って作る希釈用 『BOSS Home Espresso Latte Mix <ボス ホームエスプレッソ ラテミックス>』 を全国新発売した [注1-2]。発売日当日、京急ストア店頭にて確認。490mL入り1本税込198円であった。

製品ラインナップは、オレンジキャップの <甘さ控えめ> とイエローグリーキャップの <無糖> の2種類である。図柄は、オレンジ、イエローグリーン共通で、キャップ天面部いっぱいに大きなサイズの極太ゴシック体2段組みで 「4倍濃縮」 と墨一色で刷られている。

これはある意味、業務連絡なので、余計なことには一切触れられていない。実に武骨なキャップである。

■ 商品表示データ ■
(オレンジキャップ) 『BOSS Home Espresso Latte Mix <甘さ控えめ>』 (490mL角型耐熱PETボトル)
<品名> コーヒー (希釈用)
<原材料名> コーヒー、砂糖、香料、甘味料 (アセスルファムK)
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:57kcal ●たんぱく質:0~2g ●脂質:0g ●炭水化物:13.3g ●ナトリウム:63mg ●糖類:10.5g
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋1-1-1
<JAN> 49-01777-28564-4

(イエローグリーンキャップ) 『BOSS Home Espresso Latte Mix <無糖>』 (490mL角型耐熱PETボトル)
<品名> コーヒー (希釈用)
<原材料名> コーヒー、香料
<栄養成分> (100mLあたり) ●エネルギー:16kcal ●たんぱく質:0~2.0g ●脂質:0g ●炭水化物:1.0~5.0g ●ナトリウム:63mg ●糖類:0g
<販売者> サントリーフーズ株式会社 (東京都中央区京橋1-1-1
<JAN> 49-01777-28566-8

■ 参照キャップデータ ■
(オレンジキャップ) 『BOSS Home Espresso Latte Mix <甘さ控えめ>』 (490mL角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2017年01月/WB」。賞味期限は約12カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスティックカンパニー社製中栓付き2ピースキャップ 「TEN-Cap」 (中栓ロット#:c5・-07)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:16/3)。プリフォーム [白(結晶)化/PCO-1810] (ロット番号:1C03)。製造ロット番号: N031CA

(イエローグリーンキャップ) 『BOSS Home Espresso Latte Mix <無糖>』 (490mL角型耐熱PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「2017年01月/TK」。賞味期限は約12カ月 (未開栓)。キャップは、日本山村硝子プラスティックカンパニー社製中栓付き2ピースキャップ 「TEN-Cap」 (中栓ロット#:c10・3)。ボトルは吉野工業所製 (ロット番号:8/76)。プリフォーム [白(結晶)化/PCO-1810] (ロット番号:1A76)。製造ロット番号: C22:50

注1) 「『ボス ホームエスプレッソ ラテミックス』 新発売 ―牛乳と割るだけ。自宅で手軽に作れるお店のカフェラテ―」 サントリーニュースリリース No.SBF0395(2016/02/15)
注2) 「Latte Mix」 (ブランドサイト)[アクセス日:2016年3月15日]

大塚食品 「MATCH」、ベリーフレーバーの新図柄キャップ

大塚食品は、2016年3月14日 (月)、『MATCH』 シリーズに5種類のベリーフレーバーを添加した無果汁炭酸を全国新発売した [注1]。ファミリーマート店頭にて発売日の翌日の3月15日に確認。500mL入り1本税込151円であった。

5種類のベリーフレーバーの内訳は、ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリー、そしてカシス、である。アレレ? カシスって、ベリーじゃないじゃん、と思われた方、私と一緒です。どうやら、「ベリー」 という用語は、殻や核を持たない果肉の柔らかな食用小果実一般を指す呼称であり、厳密な植物分類とは全く関係がないとのことである。従って、スグリ科に属するカシスもベリーの仲間なのだという。

キャップの図柄は、白色キャップ地に、マゼンタ掛かった赤色一色で、「MATCH」 のブランドロゴ、その真上に小さくスクリプト体で 「Berry」 の文字、そして下方辺縁部には 「OPEN→」 の開栓方向指示マークである。

ニューキャップラッシュ。忙しい季節の到来である。新しいキャップとの出会いに、Thank You, Berry Match!

■ 商品表示データ ■
『Berry MATCH』 (500mLペタロイド脚ドームショルダー耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、濃縮果汁(グレープ、カシス、ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリー)、食塩/炭酸、酸味料、V.C、塩化K、乳酸Ca、香料、グルタミン酸Na、カフェイン、ナイアシンアミド、塩化Mg、クチナシ色素、V.B6、V.P、イソロイシン、トレオニン、カロチノイド色素
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:38kcal ●たんぱく質:0.2g ●脂質:0g ●炭水化物:9.6g ●食塩相当量:0.1g ●カリウム:15mg ●カルシウム:1~4mg ●マグネシウム:0.4~1.5mg ●V.B6:1.3mg ●ナイアシン:4.0mg ●V.C:70mg
<製造者> 大塚食品株式会社 (大阪市中央区大手通り3-2-27) ●<製造所> 徳島市河内町加賀須野463-55
<JAN> 49-59127-40036-0

■ 参照キャップデータ ■
『Berry MATCH』 (500mLペタロイド脚ドームショルダー耐圧PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「16.08.20/OCI」*。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、日本クロージャー社製青色ライナー材使用の2ピースキャップ 「Fin-Lok」 (モールド#/キャビティー#:T15/10)。ボトルは自社成形 (ロット番号:シェル本体:K5/09、ライナー材:17・)。プリフォーム [白(結晶)化/PCO-1810] (ロット番号:22-12)。製造ロット番号: 19:28

* OCI = 大塚食品株式会社 徳島工場 (771-0183 徳島市川内町加賀須野463-55)

注1) 「若年層に人気の 『マッチ』 から“ベリー”フレーバーが登場 ビタミン炭酸飲料 『ベリーマッチ 500ml ペットボトル』 ~2016年3月14日 (月) 全国で新発売~」 大塚食品株式会社ニュースリリース(2016/03/04)

2016/03/08

アサヒ飲料の 「カルピス」 ブランド、住所表示と完全に決別するの巻

ニューキャップラッシュが到来しているというのに、何一つ入手出来ていない。かすみ目に疲労困憊が重なり、もはや体力の限界を感じている。それでも、空気が和らぎ、沈香が季節に混じりだすと、コレクターとしての劣情がむくむくと頭をもたげてくる。

2016年3月8日 (火)、『カルピスソーダ』 の青色キャップ地に、ワイトオペークインキで 「カラダにピース / CALPIS / ●」 の汎用図柄ノーマルギザキャップをローソン店頭にて確認。500mL入り1本税込151円であった。

炭酸飲料において、住所表示を伴わないキャップが二度も続けて出現したことで、「カルピス」 ブランドから、「販売者」 バージョンや 「製造者」 バージョンが完全に消失したことが確定した [注1]。<吾妻橋> の住所表示のあるキャップの出現を多少なりとも期待していただけに、とても残念である。

アサヒ飲料はこれまで、導入ブランドの元来の雰囲気を完膚なきまでに粉砕し、自社色に染め上げて来た。今日、『六甲のおいしい水』、『六条麦茶』 に、ハウス食品やカゴメの残り香を嗅ぎ分けることは出来ない。

カルピスがカルピスらしさを持ち続けることが今後も可能なのか、あるいは、新たなカルピス像を確立出来るのか、今は不安と期待が綯い交ぜとなって、明確なビジョンが見えてこない。カルピスの明日はどっちだ!

■ 商品表示データ ■
『カルピスソーダ』 (500mLオリジナルシェイプ耐圧PETボトル)
<品名> 炭酸飲料
<原材料名> 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂粉乳、乳酸菌飲料、、香料、酸味料、安定剤 (大豆多糖類)、甘味料 (アステルパーム・L・フェニルアラニン化合物、アセスルファム)
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:35kcal ●たんぱく質:0.2g ●脂質:0g ●炭水化物:8.6g ●ナトリウム:14mg
<販売者> アサヒ飲料株式会社 (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
<JAN> 49-01340-26692-6

■ 参照キャップデータ ■
『カルピスソーダ』 (500mLオリジナルシェイプ耐圧PETボトル) の賞味期限+製造所固有記号: 「16. 8.19/KC」*。賞味期限は6カ月 (未開栓)。キャップは、日本クロージャー社製ワンピースキャップ 「28NCフラップTC」 (モールド#/キャビティー#:T15/10)。ボトルは自社成形 (ロット番号:KC/07)。プリフォーム [透明/PCO1810] (ロット番号:D40/56)。製造ロット番号: L0222A54B1

* KC = カルピス株式会社 群馬工場 (374-0072 群馬県館林市大新田町166)

注1) 「住所表示を伴わない 「カラダにピース CALPIS」 図柄のキャップの刷り色、水色になるの巻」 ペットボトルキャップ時評 (2016/01/24)

伊藤園、お抹茶色日の丸キャップに待望のノーマルギザ確認

伊藤園は、2016年2月22日 (月)、『京都宇治抹茶入りお~いお茶』 をリニューアル発売した [注1]。2016年3月8日 (火) 夕方、ローソン店頭にて、ノーマルギザの600mL入りペットボトルを確認。希望小売価格 (税込) 特価1本129円であった。

キャップの図柄は、ノーマルギザの抹茶色キャップ地に、ホワイトオペークインキ一色で、「日本のお茶」 日の丸アイコン + 「お~いお茶」 横組みプランドロゴ + 「あける→」 開栓方向指示の汎用図柄のものである[注2]。これで、お抹茶色シェルのキャップに粗ギザとノーマルギザの2種類が揃ったことになる。

伊藤園のキャップは通常、同一配色・同一図柄であれば、「粗ギザ」 と 「ノーマルギザ」 に 「チョイ丸」 を加えた3種類で、三役揃い踏みとなる傾向がある。これは、伊藤園が、清涼飲料水に関しては、敢えて自社工場を持たず、全製品を委託製造していることに起因している。キャップ形状の違いは、委託製造先 (パッカー) のラインの仕様の違い (すなわち、充填方式の違い) に完全に依拠している。

充填方式ごとの味の違いを極められたなら、自分の舌に絶対的な自信を持っても良い。私には到底無理なことであるが (だって、季節ごとの味の違いにすら気付いていないんですもの。トホホ)。

■ 商品表示データ ■
『京都宇治抹茶入りお~いお茶』 (600mL六面パネル耐熱ボトル)
<品名> 緑茶 (清涼飲料水)
<原材料名> 緑茶 (日本)、抹茶(京都府)、ビタミンC
<栄養成分> (100mL当たり) ●エネルギー:0kcal ●たんぱく質:0g ●脂質:0g ●炭水化物:0g ●ナトリウム:21mg
<販売者> 株式会社伊藤園 (東京都渋谷区本町3-47-10)
<JAN> 49-01085-17790-7

■ 参照キャップデータ ■
『京都宇治抹茶入りお~いお茶』 (600mL六面パネル耐熱ボトル) の賞味期限: 「2016.11.14」。製造所固有記号: 「K30」*。賞味期限は9カ月 (未開栓)。キャップは、NCC社製 「28NCフラップ-ホットVシリーズ」 ワンピースキャップ [ノーマルギザタイプ] (モールド#/キャビティ#:H45/03)。ボトルは、吉野工業所製 (ロット番号:8/16]。プリフォーム [白(結晶化)/PCO1810] (ロット番号:2B16)。製造ロット番号: 2211D

* K30 = ゴールドパック株式会社 あずみ野工場 (399-8211 長野県安曇野市堀金烏川1984-1)

注1) 「2016年1月14日 日本の春は、「お~いお茶」のおいしさから。今年は、日本が誇る“桜”の代表3品種でパッケージ展開 ”桜” 特別限定パッケージ 1月下旬より順次販売開始」 伊藤園 ニュースリリース (2015/01/14)
注2) 「伊藤園、抹茶色シェルの日の丸キャップ」 ペットボトルキャップ時評 (2016/02/28)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ